Difference between revisions of "R-Car/k8s-draft"

From eLinux.org
Jump to: navigation, search
(master1設定)
Line 38: Line 38:
  
 
== master1設定 ==
 
== master1設定 ==
 +
R-Car (master1) の設定手順を説明する。本手順はR-Car (master1)上で実施する。
 +
  
 
<span style="color:#cc3300">
 
<span style="color:#cc3300">
 
'''WARNING!'''
 
'''WARNING!'''
 
<br>
 
<br>
デフォルトではブロックデバイス上(/var/lib/etcd) にデータストアが作成されるが、データストアへアクセス時のタイムアウトエラーが多く発生して動作が安定しない。本手順では、アクセス速度を速くするために、データストアの場所をRAM上に変更する(tmpfsでマウントする)。kubeadm の --config オプションを使ってデータストアのパス変更もできるが、--config オプションは他のオプションと併用できない為、今回は上記の方法を取る。
+
デフォルトではブロックデバイス上(/var/lib/etcd) にデータストアが作成されるが、データストアへアクセス時のタイムアウトエラーが多く発生して動作が安定しない。本手順では、アクセス速度を速くするために、データストアの場所をRAM上に変更する(tmpfsでマウントする)。kubeadm の --config オプションを使ってデータストアのパス変更もできるが、--config オプションは他のオプションと併用できない為、今回は次の方法を取る。
 
<br><br>
 
<br><br>
R-Car (master1) の設定手順を説明する。本手順はR-Car (master1)上で実施する。
 
 
Kubernetes のデータストア(etcd)をRAM上にマウントする。
 
Kubernetes のデータストア(etcd)をRAM上にマウントする。
  
 
  mount -t tmpfs tmpfs /var/lib/etcd
 
  mount -t tmpfs tmpfs /var/lib/etcd
 
</span>
 
</span>

Revision as of 18:56, 15 April 2021

Heading text

3.1. k8sクラスタ構成手順

HAProxy用1台、master node 用 2台、worker node 用 2台 をそれぞれ設定し、k8sクラスタを構成する手順を説明する。 事前にすべてのR-Carを起動し、同一ネットワークに接続しておく。 (本手順は環境にもよるが20~30分以上かかる。)

HAProxy設定

R-Car (HAProxy) の設定手順を説明する。本手順はR-Car (HAProxy)上で実施する。

/etc/haproxy/haproxy.cfg を開いて、最後尾に以下の設定を追記する。 master1, master2 のIPアドレスは環境に合わせて変更する。

・・・
#---------------------------------------------------------------------
# main frontend which proxys to the backends
#---------------------------------------------------------------------
frontend kubernetes
    bind *:6443
    option tcplog
    mode tcp
    default_backend kubernetes-master-nodes
 
#---------------------------------------------------------------------
# round robin balancing between the various backends
#---------------------------------------------------------------------
backend kubernetes-master-nodes
    mode tcp
    balance     roundrobin
    option tcp-check
    server  master1 192.168.179.48:6443 check
    server  master2 192.168.179.49:6443 check

HAProxy を起動する

systemctl start haproxy

master1設定

R-Car (master1) の設定手順を説明する。本手順はR-Car (master1)上で実施する。


WARNING!
デフォルトではブロックデバイス上(/var/lib/etcd) にデータストアが作成されるが、データストアへアクセス時のタイムアウトエラーが多く発生して動作が安定しない。本手順では、アクセス速度を速くするために、データストアの場所をRAM上に変更する(tmpfsでマウントする)。kubeadm の --config オプションを使ってデータストアのパス変更もできるが、--config オプションは他のオプションと併用できない為、今回は次の方法を取る。

Kubernetes のデータストア(etcd)をRAM上にマウントする。

mount -t tmpfs tmpfs /var/lib/etcd